pickup
映像授業なしで医師国家試験受験した話 必修編  

医学部6年生、国家試験受験者向け

医師国家試験受験直前に一番不安となるのは必修かと思います。
国家試験直前期にQBのみで勉強することになり、不安に感じているかたの心の支えになれば幸いです。

医師国家試験必修とは

第114回医師国家試験合格基準
一般臨床 217 /299
必修 158/197
禁忌肢 3問以下

https://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2020/siken01/about.html

国家試験は上記3項目すべて合格基準を満たさないと合格できません。

必修は比較的優しい問題や実地的な問題が出題されますが

・全体で正答率80%点

・1問3点の臨床問題が出題される点

上記2点が難しいポイントだとおもいます。
一般臨床で落ちることが多いのは成績不良者が多いが必修は成績中間層〜上位でも落ちることがあると聞いていたことがありプレッシャーが大きかったです。

必修のビデオ講座をとっていた学生は全体の50〜80%くらいはいたのではないかと思います。

ビデオ講座なしで医師国家試験受験した話 必修編

使用した教材

必修対策用いたのはQB 必修問題のみです。他の問題集やレビューブック、教科書類は使用していませんでした。テコム模試1~4、夏メック、冬メックの必修の復習を数回行いました。

総勉強量

QB必修 4週 +苦手な臨床問題
テコム模試1-4 夏メック 冬メック

スケジュール

6年8月〜

QB必修問題購入。9月中に1週目問題を1週、10月中に1週目以外を1周。11月には2週解き終えました。必修は知識問題や問題文が短い問題が多くさらさら進みます。ある程度解けるので12月〜1月初めは一般臨床中心に勉強をしており、ほとんど解いていませんでした。

6年1月〜2月

必修対策を再開しました。11月にはある程度解けるようになっていたはずが思いの外忘れてしまった事柄が多かったです。黙々と問題演習をこなし2月までには3週目4週目をおわらせました。4週目以降は3点問題×2連問を中心に間違えた問題の復習を進めました。

実際の点数

186点/197点

まとめ

QB必修4週で危なげなく合格点をクリアできました。

模試で8割取れるように気をつけよう

(余談)試験初日自己採点をするべきか

私は点数が気になったため、初日の夜に自己採点をしてしまいました。周りも初日は自己採点しないと言ってた人が多かったですが、なんだかんだ2日目の朝には自己採点をした人が多かったです。

自分の場合は初日必修97/100点の成績であったため、2日目の必修を非常にリラックスした状態で迎えることができたため、自己採点をして良かったと思っています。Eブロックを休憩モードで過ごせたのでFブロックも集中できたことも良かったと思います。

他のブロックについては別の記事で

国試関連記事

映像授業なしでCBT90%以上とることができた勉強法

映像授業なしで医師国家試験受験した話

映像授業なしで医師国家試験を受験した話 勉強スケジュール

ブログランキング・にほんブログ村へfiofiosのブログ - にほんブログ村

おすすめの記事